General partner Activity Site Operator Volunteer Membership
General Title
団体概要 パンゲアン
パンゲアン

理事/監事

理事長  森 由美子
Saint Mary’s College, California卒業. 児童心理学・幼児教育学を専攻。Stanford University, Schizophrenia Biology Research Centerで研究員(1986年)を経てカリフォルニア大学ロスアンゼルス校(UCLA)に入学し比較教育を専攻、中退し帰国。玩具メーカーのトミーに入社。幼児玩具開発事業室室長を務め、国内外の玩具賞を受賞。独立後、マサチューセッツ工科大学メディアラボにおいてVisiting Scientistを努める。

2001年4月に株式会社CSKの社会貢献活動としての大川センターCAMP(Children's Art Museum & Park)のExecutive Producerとして子供のワークショップセンターを企画・立ち上げる。メディアラボ・ナショナルジオグラフィック(ワシントンDC)、英国BBCなどとコラボレーションプロジェクトを手がけた。産学連携プロジェクトをMITと日本企業間でコンサルティングし、プロジェクトコーディネータを努めた。Zoom(ウィーン・オーストリアにある国営子供博物館)のアドバイザリー。

2003年のNPO法人パンゲア設立当初から理事長。
2004年には文部科学省初等中等教育局 国際理解・教育諮問委員会諮問委員を務める。
2005年日経ウーマンオブザイヤー2006(キャリアクリエイト部門)受賞。
2006年より文部科学省国際教育推進プラン・三重県国際教育推進地域連絡協議会委員を務める。韓国ユネスコの青少年国際交流センター(Mizyセンター)で開催された「Training Workshop of Activists for activating Youth International Cultural Exchange」でキーノートスピーカーとして招待講演を行う。

2007年第一回International Workshop on Intercultural Collaboration(IWIC 2007)において活動家代表としてキーノートスピーチを行った。2008年オランダのClub of AmsterdamとWaag Society共催のカンファレンス「Future Of Children」において招待講演。2010年9月に三重大学教育学部附属教育実践総合センター、国立大学教育実践研究関連センター協議会主催の「第77回 国立大学教育実践研究関連センター協議会」において招待講演。同年12月に日米ソーシャルイノベーションカンファレンス専門家会議「ソーシャルビジネスの成長戦略とイノベーション」において招待講演。

モンテッソリー教育理論を応用し、玩具・スペース・人間関係の3つのバランスが良いことが子供の健全発育につながるという持論を実践。ファシリテーション技術を取り入れ、こども達が国境を超えてコミュニケーションを円滑に図るための使い勝手の良いこども向けICT異文化コラボレーションのコンテンツを企画・開発を自ら行い、世界のこども達が個人的なつながりを築くためのユニバーサルプレイグラウンドを創りだす。


 
副理事長 / 最高技術責任者  高崎 俊之  博士(情報学)
1999年東京大学工学部精密機械工学科を卒業後、大学院に進学し、ウェアラブル情報ネットワーク、及びネイチャーインタフェースを研究。学生の間には、日本IBM(Man Machine Interfaceの開発)およびNTTドコモ(PHSを使ったヘルスケア無線システムの開発)の各研究所にてインターンシップを経験。2001年3月に東京大学大学院新領域創成科学研究科環境学専攻人工環境学大講座にて修士号取得。

2001年6月に渡米し、株式会社セガからの客員研究員(Research Affiliate)としてMITメディアラボへ。またその間、京都けいはんな学研都市内のこどもワークショップのR&D拠点である大川センターCAMP(Children Art Museum and Park)にて立ち上げ時からファシリテーター及び技術サポートも行った。2002年より米国Tagsense社にてRFIDシステムを開発するインターンシップを経験し、RFID基板設計・実装およびソフトウェア設計に従事。

2002年独立し、MITメディアラボの客員研究員(Visiting Scientist)としてProject Pangaea(パンゲア)を森由美子と共にスタートさせ、2003年4月に東京都にてNPO法人化。

2004年度(プロジェクトマネージャー:京都大学 石田亨教授)および2006年度(プロジェクトマネージャー:米国カーネギーメロン大学David Farber教授)の2度にわたって経済産業省系の独立行政法人情報処理推進機構「未踏ソフトウェア創造事業」に採択される。2006年12月には、東京で情報処理学会・電子情報通信学会他により行われた「情報社会のデザインシンポジウム2006」にてシンポジウム特別賞を受賞。2007年5月には(財)立石科学技術振興財団の研究助成に採択される。2007年10月にはシンガポールで行われた、Asia Society主催の「The Asia21 Young Leaders Summit 2007」に日本代表メンバーとして参加する。2006年5月から2012年3月まで京都大学大学院情報学研究科の非常勤研究員。
2016年4月京都大学大学院情報学研究科博士後期課程 社会人特別選抜に入学し、2017年3月同課程修了(学位授与式では情報学研究科 正代表)。博士論文の表題は「児童のための異文化コミュニケーション環境」。

地球の安全保障と環境維持の難しさを憂いつつ現実を直視した上で、「アナログ時代のデジタル思想から、デジタル時代のアナログ思想へのパラダイムシフト」の促進により「人を人として見る世の中」の実現を目指す。副理事長 兼 最高技術責任者として世界の研究機関やNGO, そして地域コミュニティなどと連携しながらパンゲアにおけるR&D全体を担うピースエンジニア。


理事  枝廣 綾子
外資系企業 人事部長 

理事  岡野 泰和
多文化教育研究セミナー代表

理事  真田 幸光
愛知淑徳大学ビジネス学部 教授

理事  服部 直子
株式会社ソシオ エンジン・アソシエイツ 代表取締役副社長

監事  久原 龍夫


to Top

団体正会員

木村小児科医院

パンゲア副理事長・高崎俊之からのメッセージ: 木村小児科医院のご子息が私の高校の同窓生で、あれから20年経った今までずっと、友人としてお世話になっています。 国内外の歴史や時事問題などに詳しい木村君は、パンゲアの世界観に共感してくれ、真面目にアドバイスをしてくれたり、時には大酒を酌み交わしたりする旧友です。 故人である木村君のお母様からも生前、私の活動を支援して頂いていて「世の中に良い事ができる環境にいるんだから、それはどんどんやりなさい」という応援してくださっていました。 自分にとって今でもパンゲア活動の原動力の大きな一つになっています。

URL: http://www.cityfujisawa.ne.jp


有限会社サカキラボ

SAKAKI LAB INC パンゲア副理事長・高崎俊之からのメッセージ: 榊社長は911の時には、なんと当時勤務していたマンハッタンのロックフェラービルにいて、ワールドトレードセンターの出来事を鮮明に目撃されていました。911後に一度MITメディアラボで会ったのですが、そこで刺激を多く受け「コミュニケーション」を主軸にしたデザインラボを設立して現在に至ります。このような縁もあり、パンゲアの構想段階から色々と個人的に相談にも乗ってくれてサポートしていただいています。

URL: http://www.SakakiLab.net/


株式会社オネスト

HONEST CO.,LTD. パンゲア副理事長・高崎俊之からのメッセージ: 大学時代のつながりで、ある学会発表で知り合うことができました。企業戦略と情報システムを結ぶソリューション・カンパニーであるオネストさんの社風は、非常にオープンで明るく、それぞれの個性を大切に人と人の関わり合いを作っていくこと。そこから良い人間関係が築かれ、良いムードが醸し出されてくるというパンゲアと非常に近いものを感じ、良い刺激をいただいています。

URL: http://www.honest.co.jp/index.html



to Top

パートナー

日本

京都大学大学院社会情報学専攻/慶応大学/多摩美術大学/東京大学/三重大学/大阪工業大学/関西学院大学/京都女子大学/(独)情報通信研究機構/(株)CSKホールディングス(CAMP) /東京都渋谷区/東京都杉並区/京都インターナショナルスクール/(社)日本ユネスコ協会連盟

韓国

韓国ユネスコ ミジセンター / Mapo Youth Culture Center

オーストリア

Vienna Youth Center

イタリア

Glocal Forum

イギリス

BBC

オランダ

アムステルダム大学

ケニア

Maneno World / UNESCO Kenya / Nation Media Group

マレーシア

サラワク大学 / SMK BARIO

アメリカ

MITメディアラボ 等

to Top